ホーム > 証券取引所ニュース一覧 > 証券取引所ニュース
宝印刷
大江戸コンサルタント
上場会社役員ガバナンスフォーラム


会員向けCONTENTS

  • なんだか難しそうに見える資本政策案を簡単に作るためのプログラムを用意しました。何回でも作り直せます。プロに頼む前に、経営者のイメージを形にしてみましょう。→こちらをクリック!
  • 上場準備関係の制度や法令は頻繁に改正されることから、常に新しい知識にアップデイトしておく必要があります。上場準備の知識の“最前線”をピックアップしました。→こちらをクリック!
  • 当然のことですが、上場準備会社は株式公開とともに上場会社になります。そうであれば、上場準備中であっても、上場した後に備えて上場会社の情報を把握しておくことが必要になります。→こちらをクリック!
  • IPOにより創業者が手にする利益の概算額を簡単に計算する創業者利益ジェネレータを準備しました。→こちらをクリック!
  • 「上場するまでにいったいいくらのコストがかかる?」「VCからお金を調達するためのコツは?」等々会員向けにプロがホンネで回答します。→こちらをクリック!
  • 「株式公開準備虎の巻」など役に立つコンテンツを掲載しています。→こちらをクリック!

会員向けサービス

  • 「わが社のIPO準備の到達度はいったい何パーセント?」 そんな経営者に疑問にズバリお答えします。→こちらをクリック!
  • プロによる事業計画診断で事業計画をブラッシュアップ!会員向けに無料で提供いたします。→こちらをクリック!

株式相場が下落しても上場承認が相次ぐ理由


世界的な信用不安につられる格好で日本の証券市場も大きく下落している。日銀の発表したマイナス金利による市場の動揺も、証券市場の相場下落に拍車をかける格好になった。そのような状況が続くにもかかわらず、連日のように新規上場承認が相次いでいる。

とりわけ3月は、3月1日のアクサスホールディングスに始まり3月18日のヒロセ通商等の6社上場まで、7・8・10日の3日間以外は毎日のように新規上場が行われる状況だ(上場カレンダーはこちら)。すべて東京証券取引所の案件であるが、3月9日上場予定のブラスは本社所在地が名古屋市ということもあり、マザーズとセントレックスの重複上場を予定している。

なぜ、株式相場の下落が続く中、新規上場承認だけは相次ぐのであろうか。その理由は、・・・

このニュースの続きは会員向けコンテンツです。続きはこちら

ページトップへ